文章に多く触れる事で眼精疲労に繋がっていると考えられる

仕事上や趣味として、色々な機会を通じて私たちは文章を読み書きする事があるのではないでしょうか。

このような事ができるのは、生物の中でも私たち人間だけという大きな特徴があると思います。

それによって、ここまで大きな文明を人間は作り上げて来たのではないでしょうか。

そしてそれは私たちが誇りに思う事だと考えて良いと思います。

それくらいに文章の読み書きは、私たちにとってかけがえのない財産だと言えるでしょう。

しかし、それを行なうに当たって、どうしても私たちの目をかなり使ってしまう事になります。

ですから、もしかしたら眼精疲労となって私たちの目に現れてくるのかも知れません。

このような事は特に今の私たちは考えておかなければならない事でしょう。

みなさんは普段から眼精疲労のような事を考えながら生活をしているでしょうか。

あまりこのような事は気にしていなくて文章を読み書きしていると思います。

文章でも色々な媒体があり、それが目に悪い影響を与えている場合もあります。

文章を使う事が私にはとても多くあります。

朝起きて新聞を読む事から文章に触れるような機会を持つ事となり、仕事上でもかなりの文章を取り扱っています。

お昼の休憩にはビジネス雑誌を読んでいますから、その中には活字ばかりになっているでしょう。

そして夜仕事が終わるまで文章と付き合う機会がありますから、良く考えるととても多くの機会を持っているのだという事が分かります。

これだけ文章を取り扱っている訳ですから、どうしても私が眼精疲労になったとしても全く不思議では無い訳です。

現に私の目には眼精疲労の症状が出ていると思われます。

特に仕事でパソコンをずっと使っている事が多くの原因になっていると思われますが、その他にも細かい文章に触れる機会が多くある為に、それが目を疲れさせる原因となっているのではないでしょうか。

そうかと言ってそれらをしないようにする事もできませんから、少しずつ目を休ませるように工夫をしていきながら、これからも上手く文章と付き合って行かなければなりません。


Comments are closed.