今の方々は眼精疲労を伴いながら新しい時代を作り上げていく

日本の社会が今このように発展を遂げている状態になっているのは、これまでに先人が汗水垂らして努力をしてきたお陰であると考えられるのではないでしょうか。

極端な話になるかも知れませんが、戦後の焼け野原であった時の事を考えると、今ではインターネットまでが自由に使える社会となっていますから、かなりの復興が行なわれてきたと考えられます。

その当時は色々な病気や問題が人々を苦しめていたという事も考えられます。

今では医療体制もしっかりしていますから、余り私たちには病気になる事は無いと考えられるかも知れません。

しかし、眼精疲労のような病気になる事が今では多くあると考えられます。

これは、私たちがそれだけ頑張って今でも仕事をしている証拠にもなるのではないでしょうか。

昔の方々は、昔の状況の中で頑張って来られました。

それによって今のような社会が出来上がりました。

眼精疲労を伴いながらも、私たちは日頃から頑張って働いています。

それが未来の社会を作り上げていきます。

みなさんは眼精疲労になった事はありますでしょうか。

私は、何となく最近になってこのような病気になってきたのかと感じているくらいです。

今まで全くこのような病気を意識した事はありませんでした。

それは、ただ単に私がのんびりしているだけなのかとも考えられますし、またそれだけ仕事に対して打ち込んで来たから気が付かなかったのかという事も考えられます。

ですから、みなさんも意識していないとこでもしかしたら眼精疲労になっているのかも知れません。

しかし、それだけ気が付かずに仕事なり、自分の打ち込んでいる事に対して没頭できているのは、本当に素晴らしい事だと思います。

時には、自分がしっかりと生きているという事を実感する事もあるのではないでしょうか。

そして自分の行なっている事が将来の日本を作り上げていくと考えると、とてもスケールの大きな話にはなりますが、自分の人生を誇らしく感じられると思います。

かつての方々も、このような思いでその時代を生きてこられたのではないでしょうか。


Comments are closed.